日曜の夜の日記

この土曜日、5月31日の札幌の最高気温は気象台によると27.5℃だったらしい。平年差は+8.3℃。休日出勤だった。空気が乾いているこの北海道では、まとわりつくような不快感こそないが、それでも日中は少し、暑苦しさを覚えた。

仕事を終えて地下鉄の駅から地上に出ると、マンションとマンションの間の空に、夕焼けが見えた。深い群青色が広がる空の地平線近くが色濃く焼けている様に、「夏の夕空ってこうやって焼けるもんだよなぁ」と、思った。正確に言えばまだ夏ではないのだが、暑かった日の夕暮れは、空がよく焼けることを、あらためて思い出した。そういう当然のことを、いつからかもわからないが、今日まで忘れ続けていたことを、ただただ思った。それと、今はもう死んでしまった祖父母が住んでいた栃木県で、小さいころのいつかに眺めた夕空も、一瞬だけれど鮮明に胸に浮かんだ。この文章を書いている今はすでに、その時に浮かんだ画像などまったく思い出せないのだが。

金曜日、作家の高橋源一郎がラジオでこう言っていた。講師を務める大学で、学生に「思い出をたくさん作りなさい。自分だけの思い出を」と伝えている、と。思い出が無いと、現実から逃げ込む場所がなくなってしまう。現実から逃げて、少し休んだりできる場所を、持っていなさい、と。

その日に見た夕焼けが、過去の夕焼けを思い出させてくれることに、とても幸福な気持ちになる。人間は、そういう圧倒的な力を持つ世界に囲まれて住んでいるということに気付いて、幸せを感じることが時々がある。その幸せも、またすぐに忘れ、忘れ続けたまま、生きているのだが。日曜日の夜の日記。明日からまた、月曜日。
c0051748_0123065.jpg

[PR]

# by hayaton9 | 2014-06-02 00:12 | daily scene  

フレッシュな面々と泥臭く

今週末は久々にオルガンでライブ出演。ファンク多めでブルースも!このメンバーでは2度目。みんな若くて演奏も巧みで、引き続き誘っていただけて非常に光栄で、当日も楽しみっす。grant greenとかリーダーでギターの鳴海くんのオリジナルも。思えば、grant greenを人前で演奏できるなんて、数年前の自分は想像もしてなかった。ありがたや、札幌生活。土曜の夜です。お酒飲みながら是非是非!!!
11/23 (Sat)
Kenji Narumi Organ Quartetto
鳴海賢治(gt) 村川佳宏(ts) Hayato Niki(org) 東広典(dr)
★¥1,800(要1 drink)
★Open 19:30/Start 20:00
@Live&Dining JAMUSICA(札幌市中央区北4条西28丁目1-16
ラ・ワイスビルB1F)
URL: www.jamusica.jp
c0051748_21345690.jpg

[PR]

# by hayaton9 | 2013-11-20 21:35 | life music  

LIVE@新宿ロフト

ちょうど1週間後、来週の土曜日に新宿でライブに出演します。日本のオーセンティック・スカ&ロック・ステディの祭典、BIG SHOTにbeat sunset、2年連続で出演できることになりました!!!結構有名な方々も出ます。札幌にいながらにして、もといた東京に戻ってライブするのはどこか妙な気がしますが、すげ楽しみ。東京やその周辺にお住まいの方々、是非に!!

BIG SHOT 2013
- Japanese Authentic Ska & Rock Steady Bands Convention

11/9 (土) @新宿ロフト http://www.loft-prj.co.jp/LOFT/
19:00 open/start (All Night)
前売 3,000円 当日 3,500円 (+1ドリンク代)

[LIVE]
巽 朗 with BAND
THE SILVER SONICS
JOYRIDE
Freedom Ensemble
THE JAPONICANS
J.J Session
The Kingstompers
BEAT SUNSET (札幌)
skylarking (名古屋)
The Little Elephant (山口)
Skaal (群馬)

[DJs]
UP & UP comrade + Soul Steppin' Crew

[前売チケット販売]
チケットぴあ Pコード: 213-868
ローソンチケット Lコード: 77842
e+ http://eplus.jp/
ロフト: 03-5272-0382

[問合せ]
RAKSTONE Records: info@rakstone.com
新宿 ロフト: 03-5272-0382

twitter: @bigshot_2013

終夜公演の為、18歳未満及び高校在学中の方は御入場出来ません。
入場時にIDチェックを実施しております。顔写真付きで生年月日が記載されている身分証明書を必ずお持ち下さい。
c0051748_1122168.jpg

[PR]

# by hayaton9 | 2013-11-02 11:02 | life music  

非生産的な私

あぁ、自分はなんて非生産的な人間なんだろう、と思うことが時々ある。

先日、仕事で札幌の郊外に事務所を持つ会社に行くことになった。その会社の人と電話で話していると、

「ホームページに事務所の住所はありますが、普通の住宅を事務所にしているので分かりにくいかもしれません。いずれにしても、住所通りの場所に来ていただければ大丈夫です」

と言われた。

google mapでその住所を調べてみた。なるほど、住宅街の一角が表れた。念のため最大限に拡大し、ストリート・ビューにしてその住宅街の画像を見てみた。そこで思った。

あ、この街、秋なんだなぁ、と。

ストリート・ビューに映る街路樹の葉が黄色に、家々の垣根の葉は紅く染まっていた。


目的地にたどり着ける可能性を少しでも高くしておこうというのが、仕事という経済活動においてgoogle mapで住所を調べるという行為の目的である。大切なことは、目的地がどこに位置するかという情報で、その目的地のストリート・ビューを撮影した季節はいつなのか、などということではない。そもそも、google map自体、それが位置情報を提供しているから価値があるもので、季節感を届けることを役割とはしていない。


こういうことは時々ある。ニュース番組を見ている時に、インタビューに応える人の背後の窓の向こうで木々が揺れていたりすると、「あ、外では風が吹いているんだなぁ」と、ぼんやりしてしまう。木々が揺れる背景に、ニュース的な価値など、毛頭無いのだが。


非生産的な自分が、ときどきどうして、表れてしまう。
c0051748_21451670.jpg

[PR]

# by hayaton9 | 2013-10-04 21:46 | daily thinking  

やさしさ とは何か

c0051748_12131527.jpg


昨晩、食器を洗っていて気付いたことがある。

自分と奥さんが使った食器の他に、生まれて11カ月になる赤ちゃんのプラスチック製の容器があった。自分達の食器を洗っている時と、赤ちゃんの食器を洗っている時の胸の感覚がどこか違っていて。

洗濯物を干す時もそう。赤ちゃんの肌着や靴下などを洗濯バサミに止めていく時の胸の感覚が、明らかに自分達の洋服類を干す時と違う。なんというか、赤ちゃんのものを扱っている時、とてもやさしい気持ちになるのだ。

思えば、赤ちゃんが生まれてくる前は、(ごくたまの)食器洗いも洗濯物も、奥さんの労力軽減のためにやってきた面があり、自分は聖人では毛頭ないので、そのことに対する見返り、感謝を常にどこか求めている。これは夫婦間だけのことではなく、友人間でも仕事でも、他人のために何かをやるとき、大抵は何かが返ってくるだろうという打算がどこかにはある。

一方で、バウバウ言って遊んでいる赤ちゃんにそれを求めても何かが返ってくるあてなどないし、最初から求めることすらしていない自分がいる。

特に赤ちゃんの靴下なんて本当に小さくて、そういう可愛らしいサイズだから、やさしい気持ちがわいてくるのかなとも思っていたのだが、それだけでもないのだと、やっと気付いた。「やさしさ」という言葉の意味するところは、誰かのために何かをしてあげたいと思う感覚そのもので、その先にある見返りなど、「やさしさ」の定義には含まれていないのだと。だからこそ、赤ちゃんのものを扱っていると、「やさしい」気持ちになれるのだと。

4か月前の、端午の節句のことを思い出す。で奥さんが、折り紙で鯉のぼりを作って楊枝にくくりつけ、お子様ランチのピラフに立ててある旗のように、炊き込みご飯の小さな山にそれを差していた。赤ちゃんは焚き込みご飯が食べられるわけでもないし、鯉のぼりがなんたるかがわかるわけでもなく、その鯉のぼりも、すぐに手に取り、クシャッと丸めてしまっていた。何もわからない赤ちゃんに、そうしてあげたいと思う母性の純度の高さに、なんだかとてもとても大きなものを感じた。今思えば、その大きなものも、やさしさだったのだな、と。

赤ちゃんがいると、本当に色々、変わるんだなぁ。
[PR]

# by hayaton9 | 2013-09-23 12:13 | daily thinking  

organでblues,funk&more

今週末はorganでライブ!若くて手練の方々と一緒にfunk,blues&more。誘ってもらえて光栄で緊張気味。熱く男っぽい感じになるかと。頑張らねば。よろしかったら是非!!!

Kenji Narumi Organ Quartetto
鳴海賢治(gt) 村川佳宏(ts) Hayato Niki(org) 東広典(dr)
★¥1,800(要1 drink)
★Open 19:30/Start 20:00
Live&Dining JAMUSICA
〒064-0824
札幌市中央区北4条西28丁目1-16
ラ・ワイスビルB1F
Tel: 011-612-1900
E-mail: info@jamusica.jp
URL: www.jamusica.jp
c0051748_19561728.jpg

[PR]

# by hayaton9 | 2013-08-26 19:57 | life music  

ジャズ、ファンク、歌謡曲とか

再掲。6月30日(日)にライブ@jamusica(札幌)です。オルガントリオでスタンダード・ジャズからファンク、歌謡曲のカバーまで。落ち着いた雰囲気で演奏したいと思ってます。お酒でも飲みながら是非!
organ jazz】
Niki Hayato Organ Trio
niki hayato(org) ogo masahiko(gt) tsuji yuki(ds)
★¥1,500(要1 drink)
★Open 18:30/Start 19:00
c0051748_273042.jpg

[PR]

# by hayaton9 | 2013-06-29 02:10 | life music  

またもlive!

土曜日はbeat sunsetでADDICT@Club Roots(苫小牧)に初参戦。深夜のライブ、久々だ。アフロビート・ジャム・バンドTikeと青森からはFree Sound Orchestra、(In The)Middle Of Nowhereが出演っす。

2013/05/25(SAT)
ADDICT@Club Roots
Open Start 22:00 Door 1500yen

Band
Tike(Sapporo)
beat sunset(Sapporo)
Free Sound Orchestra(Aomori)
(In The)Middle Of Nowhere(Aomori)
DJ
Takuya Nakase(ADDICT)
Sin Katagiri(Baa)
rina(Ruluvent)
c0051748_1295292.jpg


beat sunset
2006年、札幌を中心に様々なシーンで活動をしていたメンバーによって結成されたスカバンド。数回のメンバーチェンジを経て現在に至る。古いジャマイカンミュージックの空気、音を目指しつつ、誰もが楽しめる独自のサウンドを求め、精力的に活動中。SAPPORO CITY JAZZ Ezo Groove パークジャズライブコンテストファイナリストに2年連続で選出。今年の夏には待望の1stアルバムのリリースも決定。
http://www.youtube.com/watch?v=b_xYRyIL0x4

Free Sound Orchestra
青森県八戸
を中心に県内外のライブハウス、クラブ、ラウンジなどで活躍しているフリーソウルバンド。ジャンルに囚われないフリーサウンドに力強い唄声をのせて独自の世界観を表現しオーディエンスを魅了する

TIKE
地をはうベースに筋肉の躍動を感じ、攻撃的なツインサックスに拳が上がり、浮遊するツインギターに脳内細胞が渦を巻き、トリプルパーカッション&ドラムによる変幻自在なリズムに魂が猛り狂うアグレッシブバンド。土着なFUNKを根底に音楽の根源であるリズムを突き詰め、探求していく。
[PR]

# by hayaton9 | 2013-05-25 01:30 | life music  

live!

beat sunsetのライブ、明日っす。アルバムも近々発売予定!オーセンティック・スカ≒ジャマイカン・ジャズをお酒とともに是非!
c0051748_23552343.jpg

[PR]

# by hayaton9 | 2013-05-18 23:55 | life music  

近所に絶望みたいなものが出来た

もう本当に久々のブログの投稿。

数週間前に家から100メートルも無いところに、ドラッグストアができた。
夕飯時に缶ビールを飲んでいたりすると、窓の向こうに、もう夜10時を過ぎているというのに、そのドラッグストアが店内を煌々と照らしているのが見える。

真っ白く鮮明に光るその様は、なんだか絶望的な景色だ。もう寝ろよ、電気を消せよと思う。そして、その絶望感は、おそらくいつかその真っ白な店内に、利便性を感じ足を運んでしまうであろう自分の姿が想像できることに対して、より強く感じているのだと思う。

しかし、ドラッグストアの品ぞろえの進化、恐るべし。利便性を追求することは、いつもどこか、恐ろしい。
c0051748_20554619.jpg

[PR]

# by hayaton9 | 2013-05-12 21:05 | daily scene